Based in Yaizu, Shizuoka, Fujieda, Shimada, and Kakegawa, we operate all six small-scale licensed childcare business type A.
Each and every one of our staff treats their children with a warm feeling so that they can support child-rearing and develop the potential of important children.

Q 小規模保育園と、認可保育園とは何が違うの?
A.小規模保育園とは、各園19人以下で0歳児~2歳児のみをお預かりする保育園になります。保育所きぼうは各市から認可を受けており、定員・年齢以外は他の認可保育園さんと同じサービスを受けることができます。

Q 保育料金はどれ位になるの?
A.保育料は他の認可保育園さんのように、ご家庭の所得によって、市が定めた保育料を月々銀行引き落としにてお支払いいただいています。入園料・給食費等は別途徴収がありませんのでご安心ください。保育料や入園のお問い合わせは、各市役所担当課にお問い合わせください。

Q 何才から何才まで利用できるの?
A.地域型認可保育は0才児~2才児までare.首がすわっていれば生後3か月からOKです。年度の途中で3才になるお子様まで対象となります。

Q 途中入園はできるの?
A.保育要件を満たし、定員に空きがあれば随時入園することができます。できるだけ早くCity Hall Section of Each Gardenにご相談のうえ、入園の申込手続き等を行ってください。(※年度途中でのご入園の場合、前月5日が提出締切となり、定員に空きがあれば翌月から入園となりますが、各市町により違いがありますので保育園担当課に詳しくはお問い合わせください。)

Q 卒園したらどこへ行くの?
A.2歳児(満3歳の3月31日)をもって、保育所きぼうIS[卒園]になります。その後は、近隣の提携幼稚園に入園することができますのでご安心ください。提携幼稚園は各園の詳細ページからご覧いただけます。

Q 入園時に必要な購入品は?
A.保育所きぼうThen, there is no entrance bag or uniform. When entering the park連絡帳代として500円And傷害保険料の800円(1Valid for the year)と衛生面のことがありますので個人使用のカラー帽子代1100円をご負担いただいております。保育料金以外に、保育中に多くの製作・体験を行うための500 yen per month for materials, etc.you will only be charged. In addition, we will strive not to bear the burden on parents.

Q 慣らし保育はあるの?
A.お子さまが円滑に保育園に適応できるよう慣らし保育(適応保育)をお勧めしています。入園後およそ1週間程度の期間をかけて徐々に保育時間を長くしていき、お子さまが無理なく保育園の生活になじんでいけるようにします。「慣らし保育」の要不要、及びその期間については、保育園と保護者の話し合いのうえ決定します。

Q 保育園の見学は可能なの?
A.可能です。保育室の雰囲気を知っていただくうえにおいても、ご見学は大歓迎です。事前に保育園に見学の希望日時等をご連絡いただき、予約を行ってください。

Q 送迎用の駐車場はあるの?
A.園によりますが2台分以上確保してあります。お車でのお迎えも大丈夫です。園庭の柵があったり、住宅街の中に保育園がありますので十分注意してお迎えに来て下さるようお願いいたします。なお送り迎えのちょっとした時間でも、盗難防止の為、警察の指導により、必ず施錠をお願いいたします。

Q 送迎は保護者以外でもできるの?
A.可能です。ただし、送り迎えの可能性のある方については、事前に登録していただくことをお願いします。未登録の方がお迎えに来られる場合におかれましては、保護者から事前の連絡(電話・メール・連絡帳のいずれか)をお願いします。未登録の方、あるいは事前連絡をいただいていない方にはお子さんをお引渡しいたしません。

Q お迎え時間に遅れそうな場合は?
A.当日、残業等が決定した時点など、なるべく早めにお電話で園にご連絡ください。お迎えは原則保育時間内(18時30分まで)にお願いいたします。

Q お弁当は必要ですか?
A.月曜日~金曜日までの昼食は保育園での手作り給食の為必要ありません。おやつも手作りでご用意しております。離乳食のお子様の場合は事前に保護者様とご相談しながらお子様の成長に合わせて考えていきます。土曜日の昼食も保育園で給食を用意をしてありますのでお弁当は一切必要ありません。

Q 食物アレルギーは対応できるの?
A.入園時にアレルギーや持病については、保護者より詳細情報をご提供いただき(場合によっては医師の診断書の提示を求めます)、対応いたします。除去食は親子とも心理的に大きな負担になることが多く、またあまりにも制限が多い場合には発達障害や栄養失調などの危険性もありますから、慎重に対応する必要があります。保護者の独自の判断で食物除去をしないよう、定期的にアレルゲン抗体反応検査や診断を受け、医師の指示に従うことをお勧めします。

児童の健やかな発育を願って、保育の一環として給食を提供し、食物アレルギーを持つ児童については、除去食、場合によっては代替食を提供します。保育園給食は、安全な給食を提供することが第一であり、保護者と連携を密にし、職員全員が共通理解、情報をもち対応できるよう努めます。

Q お昼寝の布団の用意はあるの?
A.衛生面のことがあり、幼児用ふとんセット一式のご用意をお願いします。2歳児までの全年齢にお昼寝の時間を設けています。

Q 縦割り保育はありますか?
A.ございます。私たちは、異年齢間交流は互いにとって非常に有益だと考えています。上の子は、下の子の面倒をみることで、「自信」と「思いやり」を育み、また下の子は上の子に「憧れ」や「親しみ」を抱きます。子どもたちはこうした交流を通して、社会性やコミュニケーション能力、対人関係能力を身につけていきます。

Q 緊急時はどうなりますか?
A.保育内で体調が悪くなったりケガをしたときは、保護者に電話でお子さんの様子をお伝えします。医師の処置が必要と思われるときは、保護者の了承を得たうえで最寄りの病院に連れていきます。保育内で発熱したときは、37.5℃を目安に保護者にご連絡します。お迎えについては、お子さまの様子を診てご相談します。登園前にご家庭ですでに37.5℃以上の発熱が認められた場合にはお休みをお願いします。尚、感染症と判明した場合は登園できません。再登園には医師の診断書を添付のうえ「登園届」をご提出していただきます。

Q お薬は預かってもらえるの?
A.当園では、お子さまの薬をお預かりする場合には、「与薬依頼書」をご提出していただきます。お薬に関しては医師から処方されたお薬のみお預かりし、必ず1回分にしてください。市販のお薬につきましては、一切お預かりいたしません。