焼津、静岡、藤枝、島田、掛川を拠点に小規模認可保育事業A型を全6園運営しています。
子育てを支援し大切なお子さまの可能性を伸ばしていける様、全職員の一人ひとりが温かい気持ちでお子さまに接していきます。

9月に入り少し風が涼しくなって
秋の訪れを感じるようになりました。
子ども達はとっても元気いっぱいです。

少し遅くなりましたが、

『プール納めしたよ!!』

元気に園庭に向かった子ども達。
いつもと違うおもちゃがいっぱいに
目をキラキラさせていました。
キョロキョロ見回したり、
触ってみたりと興味津々!



“なにするの??”
“どうやってあそぶの??”
お話を聞きながら、早く遊びたくて
ワクワク!!ソワソワ!!



「いくよ!!」
次々に転がってくるボールや水風船。



「ボールまだかな…」
「みずふうせんちょうだい」



「ぼくもころがすね!!」
「わたしもやりたい!!」
「じゅんばんね!!」
順番に転がしたり、途中から転がしたり
友だちと一緒にコロコロコロ……



ビニール袋にいっぱい水を入れて
“よいしょ、よいしょ”
「みて、ちからもちでしょ!!」



カップに水を入れて、
“どこから流そうかな…”



細長いビニール袋がぶら下がっていてるよ。
気になったようで…
じっくり観察してから
“ぎゅっ!!”



ボール転がしの下は通れるかな??
にっこり顔をのぞかせて 
「やっほー!!」



スプレーで水のかっけっこだ!!!
「いくよ!」
「まけないぞ!」



面白いこと思いついたよ。
水風船を上から落としたら…
大きな水しぶきだ!!
「わぁぁ!」 
「きゃー!」


大きな歓声をあげて
何度も楽しんでいました。



これはどうやって遊ぶのかな…
転がらなくて手を使ってみたり、
友だちの遊ぶ姿を見ながら考えている様子。



真剣な表情で
何処から水風船を転がそうかと
考えながら、そっと置いてみると…



ぼくもやってみようと挑戦。
上手く転がるかな…



0歳児さん達も
水しぶきや細長いビニール袋の噴水に
びっくり!!
驚きながらも覗き込んだり、
手を伸ばしたりと楽しみました。




遊びを通して、
どうやって遊ぼうかな。
友だちは何をやっているかな。
いっぱいアンテナを張り巡らせて
遊びを広げていく子ども達。
元気な笑い声を響かせていました。


最初は水にドキドキしたり、
泣いていた子ども達も
水が大好きになりました。
この夏でとっても逞しくなった子ども達です。


これから秋に移り変わり、
戸外あそびが増えていきます。
またどんな姿が見られるのか
とっても楽しみです。